口内炎

教えて!
口内炎ができたらどうやって撃退してる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口内炎ができたら・・・まさかのガマン!?

「痛くてガマンできない」「食べ物がしみる・・・」など、何かとやっかいな口内炎。
では、実際に口内炎ができた時、みなさんはどのように対処しているのでしょうか?
そこで今回は、30~59歳の女性300人に、口内炎の対処法についてアンケートを実施。その結果を発表したいと思います!

1位は、とりあえずガマンする

なんと!一番多い対処法は「ガマンする」でした。
実に半数近く(157票、52.3%)の方がガマンすると回答しているのは驚きです。中には症状が軽いという方もいるかもしれませんが、みなさんなかなかのガマン強さですね。でも、口内炎が何度もできてしまう場合や、症状がひどい場合は、糖尿病など別の病気を患っている可能性もあるので注意しましょう。

2位は薬を塗るで、3位はビタミン剤を飲む

2位は、「口内炎に薬を塗る」(65票、21.7%)で、3位が「ビタミン剤を飲む」(57票、19%)でした。
どちらもお薬を利用していますが、「患部に直接塗る派」と「体内から改善する派」がほぼ同じぐらいで分かれています。
口内炎の種類によっては、両方を使い分けている方もいるようで、口内炎を早く治したい!という切実な思いが伝わってきます。

口内炎といったらビタミンを思いつく

続いて4位は、「野菜やフルーツを食べる」(37票、12.3%)、5位は「ビタミンドリンクを飲む」(18票、6%)となりました。
3位の「ビタミン剤を飲む」を含めると、約40%近くの方が、「口内炎にはビタミン(栄養バランス)」と考えていることがわかりますね。そんなビタミンの中でも、口の中や舌などの“粘膜”を守る働きをするビタミンB2やB6は、口内炎対策には欠かせない栄養素です。

2015.6月 30歳~59歳女性300名 GMOリサーチ株式会社調べ
N %
ビタミン剤(チョコラBBなど)を飲む 57 19.0%
ビタミンを配合したドリンク剤
(チョコラBBローヤル、C1000タケダなど)を飲む
18 6.0%
飲み薬を飲む 6 2.0%
薬を患部に塗る 65 21.7%
野菜やフルーツを食べる 37 12.3%
その他 12 4.0%
治るまで何もしない 157 52.3%
合計 300 100.0%

まとめ

口内炎を早く治したいと思っている方は、薬を患部に塗るか、ビタミン摂取を心がけているかで分かれるようですね。患部に塗るタイプの薬も絆創膏タイプが登場するなど充実していますが、やっぱりカラダの中から改善したいという人はビタミン摂取の方が良いかもしれません。
そういう場合には、ビタミンB2、ビタミンB6などビタミンB群が、1日2錠で摂取できる「チョコラBBプラス」を利用するのも良いでしょう。

商品情報

口内炎や肌あれの緩和に

「チョコラBBプラス」で口内炎対策。
1日最大量のビタミンB2をはじめ、ビタミンB6などの5つのビタミンB群が、1日2錠で手軽に摂取できます。(※一般用医薬品製造承認基準)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコラムカテゴリ

口内炎と原因と治し方