美容

今からでも遅くない!
シミ対策に必要な食べ物はコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お肌のシミ…嫌ですよね。シミができる最大の原因である「紫外線対策」はもちろんですが、体の内側からのシミ対策って意識していますか?
ここでは、シミ対策になる食べ物を紹介しますので参考にしてください!

紫外線を避け、体の中からもケアして、
打倒シミ!

新陳代謝が追いつかないほどに大量の紫外線を浴びると黒色メラニンが肌に沈着し、シミの原因になってしまうのです。普段から日焼け止めや日傘などで紫外線から肌を守るようにしましょう。
また、あわせて体の内側からのシミ対策も重要です。抗酸化作用のあるビタミンC、ビタミンE、βカロチン(ビタミンA)、メラニン色素の沈着を抑制するL-システイン、新陳代謝を促進するビタミンB2などを意識して摂取してください。

知っておきたい!シミ対策にオススメの食べ物

キウイ

抗酸化作用のあるビタミンCが1個当たりレモンより多いキウイ。ビタミンEも豊富に含まれています。

カボチャ

抗酸化作用のあるビタミンCが多く含まれています。また、同じく抗酸化作用のあるビタミンE、βカロチン(ビタミンA)も含まれています。

ブロッコリー

茎の部分にレモンの2倍のビタミンCを含むと言われています。
抗酸化作用のあるスルフォラファンも豊富です。

ゴーヤ

加熱しても壊れにくいビタミンCが多く含まれているのが特徴です。

トマト

メラニンを作る酵素チロシナーゼの働きを抑えるリコピンが豊富に含まれています。

抗酸化作用が高く、メラニンの生成を抑えるアスタキサンチンが多く含まれています。

蕎麦

抗酸化作用のあるビタミンEやルチンが多く含まれています。
蕎麦だけでなく、蕎麦茶もオススメです。

玄米

ビタミンやミネラルが豊富でメラニンの排出を促す作用があります。さらに、メラニンを作る酵素チロシナーゼの働きを抑えるフェルラ酸が多く含まれています。

まとめ

シミ対策には主に抗酸化作用のあるビタミンCが重要なことがわかりました。しかし、ビタミンCは調理の過程で失われてしまうことが多いうえに、体に蓄積することができません。一日三食の食事で補うのが基本ですが、それもなかなか難しいという方にオススメなのが医薬品「チョコラBBルーセントC」などを取り入れる方法です。
規則正しい食事を心掛けつつ、こういった医薬品も活用してみてはいかがでしょう?

商品情報

チョコラBBルーセントC
ビタミンC+ビタミンB2+L-システインの
3つの作用で表皮の下からメラニンを無色化

「チョコラBBルーセントC」は、メラニンの生成を抑え、シミのもとができるのを防ぎながら、既にあるメラニンを無色化して目立たなくします。さらに、できてしまったシミの排出を促進。本来のキレイな肌へ導きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコラムカテゴリ