美容

顔だけでなく全身にもシミが…。気になるシミの原因と対策

監修:日野皮フ科医院 日野亮介院長

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔以外のシミに気づいていますか?

ふと気が付くと、今までなかったはずのシミが。。。

顔周りのシミは目立つので特に気になりますが、手の甲・背中など気づかないうちにシミができている事ってありませんか?

「あれ、こんなところにあったっけ?」と気が付いても、手遅れだと思ってついつい放置してしまう。
「いざとなったらメイクで隠せば…」なんて思わず、「できてしまった」シミは濃くなったり、増えてしまったりする前に、早めに対策する事が重要です!
そこで今回は、顔・体に出来るシミの対策方法をご紹介します!

そもそもシミとは、、、

シミは、ほとんどの場合、皮膚に発生したメラニンが蓄積したものであると言われています。

メラニンとは、肌や毛髪などを構成する黒色の色素であり、これが多く含まれると肌が黒く見えます。メラニンは「皮膚の細胞を守る」働きがあり、紫外線や肌の炎症による刺激、洗顔・お化粧・マスクといった物理的刺激等を受けると、防御反応が働き、表皮に存在する色素細胞(メラノサイト)からメラニンが生成されます。特に紫外線は細胞の核まで入り込み、DNAを破壊・癌化させる危険もはらんでいる為、細胞からメラニンを生成し、紫外線から身体を守ろうとするのです。長時間または強い紫外線を浴びると、メラノサイトの数が増え、メラニンの生成は活発化します。

細胞からメラニンを生成し、紫外線から身体を守ろうとするのです。長時間または強い紫外線を浴びると、メラノサイトの数が増え、メラニンの生成は活発化します。

これらのシミは通常であれば、肌のターンオーバーにより、肌の外側に押し出されて、次第に消えていくのですが、

加齢、紫外線の浴び過ぎ、肌への過度の刺激、ストレスなどにより肌のターンオーバーのサイクルが乱れると、新陳代謝が停滞し、メラニンも滞留してしまいます。たくさん生成されても、なかなか排出されないメラニン。これが、色素沈着が進んだシミの正体です。

全身にできるシミの種類

普段気になるのは顔の周りのシミですが、シミは知らず知らずのうちに紫外線を浴びている身体全体にできる可能性があります。日焼け止めなどアウターケアだけでは対策しきれないため、身体の中からのケアも必要です。

顔周りのシミ

頬や額、目元などのシミの中でも最も多いものが、老人性色素斑(日光性黒子とも呼ばれる)です。シミのタイプで最も多いのがこのシミで、30代あたりから発生し、加齢とともに増えていく傾向にあります。
紫外線を浴びることを積み重ねることによって発生することが多く、円形の茶色いシミで肌の色よりも濃く見えるためにとても目立ちます。加齢はもちろん、睡眠不足や食生活の偏りなどで生活習慣によって肌のターンオーバーが乱れると、沈着が進むのでより一層できやすくなります。

手の甲のシミ

顔、首、デコルテに比べると、ついつい怠ってしまう手の周り。
「長袖を着ているし大丈夫かな」と思いがちですが、手の甲は露出されており、ちょっとした外出、買い物時でも紫外線を受けてしまいます。また、料理中のやけどや傷などによる炎症など、肌のダメージを受けやすい場所。
顔と同じくらい刺激を受けているにもかかわらず、手の甲の対策は忘れている傾向にあります。
こうしたことから、シミのなかでも、紫外線が主な原因となる老人性色素斑(日光性黒子)ができやすいと考えられています。また、やけどだけでなく、虫さされ、かぶれなどがシミに変化することもあります。意外と目につきやすく、シミが1つあるだけでも気になってしまう場所です。

背中のシミは残りやすい!?

顔周り、手の甲に比べ、確認する機会は少ないですが、ふと鏡を見たときに「え?こんなところにシミが?」とショックを受けてしまう事も少なくないと思います。
普段から背中の開いた洋服を着ることは多くないと思いますが、背中が隠れている洋服でも、UV加工のない白いシャツの場合は、紫外線が通過してしまい、日焼けを引き起こしてしまいます。もちろん、海やプールに行く際は注意が必要です。日焼けが落ち着いていく「秋~冬」になってから、シミが出てくる事もありますので、早めの対策が必要です。
尚、身体のシミは、色白で日に焼けても赤くなって黒くなりにくい肌の方は、できやすいと言われております。

毎日できるシミ対策

紫外線は屋内にいても完全には防ぐことができません。シミを予防するためには、毎日できるシミ対策を注意して行っておく必要があります。

顔周りのシミ対策

顔周りは常に露出しているため紫外線の影響を一番受けやすい部位です。日傘や帽子などの使用はもちろんですが、UVカット効果をもつ日焼け止めや化粧品を選ぶのがおすすめです。また、日頃から日焼け止めを塗っているという方でも、目の周りは意外と「塗りムラ」や「塗り漏れ」があったりしますので、注意が必要です。

また、過度な肌の摩擦によってもメラニンが生成されてしまう為、スキンケアやマッサージをする際には力を入れ過ぎないようにしましょう。

手の甲のシミ対策

手の甲は、対策を怠らず、ちょっとした外出でも日焼け止めを塗って紫外線対策をする事が重要です。近年は紫外線が強くなっておりますので、室内にいても、紫外線を受ける可能性はゼロではありません。日差しが強いとき、運転する際は、アームカバーや手袋などで紫外線から肌をしっかり守ることを心がけましょう。

背中のシミ対策

他の部位同様、外出する際は日焼け止めをしっかり塗り、日傘や帽子などを使用して紫外線対策をしましょう。特に日差しの強い時期は炎天下で「汗で流れてしまった」と思ったら、再度、日焼け止めを塗り直すなど対策を怠らない事が重要です。さらに、UVカット効果のある洋服などを選ぶことも大切です。

体の内側からのシミ対策

身体の外から守る対策をしていても、常に紫外線は浴びています。シミが出来る仕組みを理解して、身体の中からのケアも必要です。

日々の生活の中でシミのもとを抑える「L-システイン」や抗酸化作用をもつ「ビタミンC」、肌のターンオーバーを正常化する「ビタミンB群」これら成分を積極的に摂ることで全身のシミが緩和される可能性があります。

① 体の外からだけではなく体の内側からのケアとして、シミのもとを抑える「L-システイン」

② 抗酸化作用をもつ「ビタミンC」

③ 肌のターンオーバーを正常化する「ビタミンB群」

一度できてしまったシミは少しづつメラニンを排出させる事、新たなシミの元を作らない事が重要です。紫外線対策や内側からのシミ対策をしっかり続けていく事で、透明感のある肌を目指しましょう。近年では紫外線だけでなく、スマホから発せられるブルーライトもシミの原因になると言われております。外出するときに限らず、日ごろから根気強くシミ対策を行っていきましょう。

まとめ

紫外線は全身で浴びています。日傘や日焼け止めでは予防できない部分にも注意が必要です。外側からのケアだけではなく、シミのもとを抑える成分をしっかりとって内側からのケアも考えていきましょう。

商品情報

チョコラBBルーセントC
ビタミンC+ビタミンB2,B6+L-システインの
3つの作用で表皮の下からメラニンを無色化

「チョコラBBルーセントC」は、メラニンの生成を抑え、シミのもとができるのを防ぎながら、既にあるメラニンを無色化して目立たなくします。さらに、できてしまったシミの排出を促進。本来のキレイな肌へ導きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコラムカテゴリ